足利公家様新体

新書体では公家様式の前半部分に武家様式の地線の概念を取り入れ上部構成の一画(又は二画)を左下に大きく張り出させ花押を支える画を取り、右側の空間に字の書き終わりを運ばせ公家様式に用いたあえて余分に「跳ねや」「止め」の遊びを入れ躍動的な線を描くことで花押に個性を与えます。足利様に見られる右側に大きく張り出た台形が逆向きになる体裁になり、花押の風貌が躍動する自然の力強さと花押の伝統と文化の持つ荘厳な姿になります。  

 

現代においては実用性の高い武家様式(特に徳川判)が主流となっています、書類のサインなどの場合、厳格な風貌の武家様式が署名としての印象も適しています。公家様式は縦長の8の字の体裁から横書きの署名の空間に不向きとう点があります。実用性では劣る公家様式ですが、芸術家が自身の作品に記すサインの分野ではデザイン・趣の面で華麗な姿で作者を表すものとなり、公家由来の豊かな感性が作品を更に引き立てる要素にもなります。 書き順や形取りの複雑さや、線の表現の習得など上級者向けの難易度が要求される公家様式ですが、この難しさが文字を華麗な姿にし他の人には書けない自分だけのサインになります。足利公家様新体はその特性を生かしながらも、習得しやすく尚且つ公家様式の美しさと伝統に触れられる花押の書体です。

AK-01

使用文字「尊氏」 難易度:3(草名) 晩年の尊氏の気持ちは、幕府が人々の為に働くことを願っている中で、鎌倉幕府のような過ちは犯さない。 故に倒幕の旗を揚げ、その道を示した後醍醐天皇と共に戦い、また対立もした人生であったが、時代の流れに翻弄されながらも常に後醍醐天皇を敬う気持ちを忘れてはいないという思いの形。 花押を構成するのは「尊」の字で、書き終わりの特徴的な草の動きに「氏」を使った花押。

AK-02

難易度:3(草名) 西洋の唐草模様を思わせる優雅な形。 線の強弱に重点を置き、線の接点を最小限に抑え、線と余白に規則性を与え平面的な印象にすることでロゴマークやエンブレムと言ったような文字とデザインが融合した芸術性の高い花押。

AK-03

難易度:3(草名) 漢字由来の線を中心に画の流れで従来の公家様式の体裁を保持した形。 力強くも繊細な菱形構成の線にすることで、使用文字の意味を表現するための貫禄を持たせ公家様式本来の美しさを引き出した花押。

AK-04

難易度:3(一字) 公家様式の画の接点の取り方に重点を置いた形。 画数が多い分線の密集と空白の比重の取り方が重要となる花押。

AK-05

難易度:3(草名) 軸となる1字を中心に余白の空間ともう1字で筆運びの遊びとして取り入れた形。 義持の花押のような右へ張り出す画を入れるなど、典型的な形式に納めた花押。

AK-06

難易度:3(草名) 平仮名の流れを大きく出しながら、線の接点を多くし 新書体の特徴を強調した形。 書き順の解読の難しさや、花押の風貌、芸術性の花押本来の趣を最大限生かす為に、繊細な筆使いと卓越した形取りの感覚が要求される花押。

AK-07

難易度:3(草名) 使用文字の書き順に准じた様式構成で、文字の特徴がそのまま花押の風貌に現れる形。 従来の様式の形式の取り方に近い為、形取りが容易である分、線の接点を複雑にし書き順の解読が難しくなるよう全体の線が協調した花押。

AK-08

難易度:3(一字) 新書体の持つ安定感を重視した形。 使用文字の書き順を崩さず、張り出しの等の形式を取り入れつつ、文字の意味を尊重した花押。

AK-08

難易度:3(草名) 草名体・一字体のようにある一画を顕著に強調する形で様式の型を取った形。 張り出しの画を最初の画でとることで後の線の流れが独特になります。体裁そのものが1画目の張り出しが軸になる為、全体が使用者の癖に依存する花押。

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

―足利花押 聚明院派 ―

Email:ashikaga.zyumyouinkaou@gmail.com 

 2017 足利花押 Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now