―足利花押 聚明院派 ―

Email:ashikaga.zyumyouinkaou@gmail.com 

 2017 足利花押 Wix.comを使って作成されました

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

足利公家様新体

新書体では公家様式の前半部分に武家様式の地線の概念を取り入れ上部構成の一画(又は二画)を左下に大きく張り出させ花押を支える画を取り、右側の空間に字の書き終わりを運ばせ公家様式に用いたあえて余分に「跳ねや」「止め」の遊びを入れ躍動的な線を描くことで花押に個性を与えます。足利様に見られる右側に大きく張り出た台形が逆向きになる体裁になり、花押の風貌が躍動する自然の力強さと花押の伝統と文化の持つ荘厳な姿になります。  

 

現代においては実用性の高い武家様式(特に徳川判)が主流となっています、書類のサインなどの場合、厳格な風貌の武家様式が署名としての印象も適しています。公家様式は縦長の8の字の体裁から横書きの署名の空間に不向きとう点があります。実用性では劣る公家様式ですが、芸術家が自身の作品に記すサインの分野ではデザイン・趣の面で華麗な姿で作者を表すものとなり、公家由来の豊かな感性が作品を更に引き立てる要素にもなります。 書き順や形取りの複雑さや、線の表現の習得など上級者向けの難易度が要求される公家様式ですが、この難しさが文字を華麗な姿にし他の人には書けない自分だけのサインになります。足利公家様新体はその特性を生かしながらも、習得しやすく尚且つ公家様式の美しさと伝統に触れられる花押の書体です。