―足利花押 聚明院派 ―

Email:ashikaga.zyumyouinkaou@gmail.com 

 2017 足利花押 Wix.comを使って作成されました

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

武家様式

この様式は足利尊氏の「高」の花押から武家社会を中心に隆盛し、その後徳川家康の「徳」の明朝体の形が江戸時代の主流となりました。草名体の底部に緩やかな曲線の地線が入ったものを「足利様」と言い、直線の天地線が顕著に現れ天と地の間に草書体を崩し更に簡略化した文字が入った形のものを「徳川判」と呼びます。現代ではこの徳川判の形が多く使われています。  

 

文字の意味や精神を形にする草名体・一字体とは異なり、花押の形は様式化されたものになり、形式の中に文字を簡略化して美しく納めます。徳川判の明朝体ではなく、草名体の派生である足利様を取り入れ、仮名の流れる線の美しさに重点を置き、大きく右へ張り出す台形型にし緩やかな曲線の地線を入れ安定感のある花押になります。横書きのサインが主流の現代において武家様式の横長な台形の体裁は空間に納めやすくその安定感からもパスポートやクレジットカードのサインなど非常に実用性に優れ、様式の形に納めて書くという点から習得しやすい利点があります。