武家様式

この様式は足利尊氏の「高」の花押から武家社会を中心に隆盛し、その後徳川家康の「徳」の明朝体の形が江戸時代の主流となりました。草名体の底部に緩やかな曲線の地線が入ったものを「足利様」と言い、直線の天地線が顕著に現れ天と地の間に草書体を崩し更に簡略化した文字が入った形のものを「徳川判」と呼びます。現代ではこの徳川判の形が多く使われています。  

 

文字の意味や精神を形にする草名体・一字体とは異なり、花押の形は様式化されたものになり、形式の中に文字を簡略化して美しく納めます。徳川判の明朝体ではなく、草名体の派生である足利様を取り入れ、仮名の流れる線の美しさに重点を置き、大きく右へ張り出す台形型にし緩やかな曲線の地線を入れ安定感のある花押になります。横書きのサインが主流の現代において武家様式の横長な台形の体裁は空間に納めやすくその安定感からもパスポートやクレジットカードのサインなど非常に実用性に優れ、様式の形に納めて書くという点から習得しやすい利点があります。

B-01

使用文字「尊氏」 難易度:3 (草名) 「尊氏」に地線を引いた形、「慈」の花押の印象とは異なり、初代将軍としての威厳を出す風貌は、倒幕した戦友や弟直義等の南朝との対立の中で、揺るぎない自身の意思の強さを表した姿。 武家様式独特の右への張り出しは「氏」の画を大きく取り、武家の精神を表した花押。

B-02

難易度:3 (一字) 1字を構成する3つの漢字を個別に分けて再構築した形で、右の張り出しの線は「心」の画を当て、自身の心の現れをだしています。 足利様の緩やかで細い線の構成により花押全体が聡明な風貌にした花押。

B-03

難易度:3 (草名) 草名の2文字の偏と旁から一部分取り入れた「二合体」の構成の形 それぞれの特徴的な文字を取り、前半と後半のパートに分けてまとめた花押

B-04

難易度:2 (一字) 使用していた元の一字体を武家様式にした形。 一字体の花押の書き順を維持しつつ様式に納めて 以前の花押の意味や込めた思いを踏襲する花押

B-05

難易度:2 (一字) 右への張り出しの部分を文字の平仮名由来の曲線の一画に当て、地線と接することで花押の纏まりが美しくなります。 画数が少ない文字は右に行くにつれ余白が大きくなる比重を取ることで安定感と美しさが際立ちます。

B-06

難易度:3 (草名) 使用する文字の体裁を重視した形。 武家様式の形式を使用文字の書き順に変化させ、地線と張り出しを自然に組み込み、草名体のような風貌にしつつ、様式の枠を取り入れた花押。

B-07

難易度:2 (一字) 草書に戻した文字を更に簡略化し、線が密集しすぎずに、張り出しの余白を印象的にするために画数を省略した形。 様式に収まりながらも、花押そのものに個性が出るような特徴的な余白を取り入れた花押。

B-08

難易度:3 (一字) 様式に納めつつも使用文字の意味を映し出す形で作成。

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

―足利花押 聚明院派 ―

Email:ashikaga.zyumyouinkaou@gmail.com 

 2017 足利花押 Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now