―足利花押 聚明院派 ―

Email:ashikaga.zyumyouinkaou@gmail.com 

 2017 足利花押 Wix.comを使って作成されました

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

一字体

文字本来の持つ意味を最大限に生かす書体で、画数が多い字は画の接点や線の疎密の比重を取り画の”癖”の美しさを引き出すようにし、画数が少ない字は1画の線の躍動感を出し、線と余白の美しさを強調する姿になります。草名体のように文字から文字の切り替えの制限がなく、漢字本来の良さを残しつつ草書の仮名の優雅さも出すことができ、「止め」「跳ね」といった部分に、筆運びの”遊び”を加えることで、その”遊び”が書き手の癖になります。同じ文字の1字体になってしまった場合でも、この遊びの部分と文字に託す使用者のイメージで出来上がる花押の形は大きく違ってきます。  

 

自身の意思、精神、願望、信条、人格などの1文字を使用することで、署名という行為の中に常に自分の思いを花押に託し具現化するという自己啓発の効果があり、この神秘的な趣が一字体花押が持つ魅力です。