―足利花押 聚明院派 ―

Email:ashikaga.zyumyouinkaou@gmail.com 

 2017 足利花押 Wix.comを使って作成されました

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

草名体

2文字以上から成る書体であるために花押の体裁は使用文字の画数に応じて変るのは勿論ですが、仮に同じ名前の2文字でも軸にする文字が1つ目か2つ目かで形は大きく変わります、制作の際にどちらの字を強調するのか、花押全体のイメージの違いによっても変わっていきます。また、画数が多い2文字の場合、線の過密を防ぐために2文字それぞれの辺と旁から作る「二合体」や「別用体」への書体の併合もできるために、柔軟性の非常に高い書体であり作り出される形も無限大になり、花押の書き方を習得すればそれは自分だけが書ける唯一無二の花押となり一生ものとして使い続けることができます。

殆どの方が名前から草名体の花押を作られますが、単に名前を記す署名とは違い花押そのもが自分自身を映し出す”鑑(かがみ)”となり、紙に書かれた文字のみの世界に自分自身のアイデンティティー(個性、識別)を与え、書き手はその鑑を通して自分を見つめ直す事が出来ます。