―足利花押 聚明院派 ―

Email:ashikaga.zyumyouinkaou@gmail.com 

 2017 足利花押 Wix.comを使って作成されました

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

書風

伝統と継承

花押の基本的な構成は漢字を草書体に戻したものを再構築・簡略化した形のものになります。平仮名は草書体の漢字から生まれたもので、花押の柔らかな曲線や余白の間隔は平仮名由来のものになり、力強い跳ね・止め・払いの線や画は漢字由来のものから生まれます。基本構成が草書体の漢字ですから、花押の持つ全体の美しさは平仮名由来のものになります。

足利花押は独自の派生でありながらも花押の書風は古典的な姿になります。これは先ほどの平仮名由来という点に重点を置いている為で、この特徴は花押文化が隆盛し花押書体の原点となるが多く生まれた鎌倉~室町中期時代の花押の書風を参考にその体裁等に大きく影響されている為です。

 

表す花押は文字の持つ意味の平仮名由来の曲線の流れと、徐々に間隔が大きくなる余白の美しさを追求した結果になります。最終的にその追求が行き着いた先が特殊様式の”公家様式”の花押であり、花押という言葉が花を押したような署名から生まれたように、まるで花を描いたような体裁は署名という行為の中にこれほど趣と芸術性が高いものは存在しないと言えます。花押を使い始めたのが貴族=公家であり、古くから漢字に触れてきたからそ生まれた形であり、花押の原点は公家様式にありと言えます。

公家様式の探究

現代では実用性の高い武家様式の花押が使われる機会が多く、公家様式の美しさやや芸術性を継承する機会は失われつつあります。そのなかで足利花押は室町幕府歴代将軍が用いた公家様花押(下画像)の資料を元に、独自の派生型である「足利公家様新体」の書体を創案しました。非常に難しいとされている公家様式を研究し、現代に適応する為の形式化と実用性を備えた新書体でありながら、武家様式の安定感と公家様式の華やかさを持った書体であり、印象的な風貌の花押となります。当然のことながら伝統的な原本型の公家様式も花押の原点という精神から当時の書風や体裁を参考に多くの作品を制作する中で、武家様式にはない芸術性の高さやその文化や趣にに多くの方々に触れて頂いてます。

それぞれの風貌の特徴や文字の線の織りなす神秘的な趣を感じながら、公家様式の素晴らしさを皆様に認識して頂ければと思います。その中で足利花押の公家様式花押の美しさを追求する思い、蘇らせる願いといった思いに共感して頂けたら幸いです。