―足利花押 聚明院派 ―

Email:ashikaga.zyumyouinkaou@gmail.com 

 2017 足利花押 Wix.comを使って作成されました

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

制作書体

草名体

・自分自身のアイデンティティーを引き出す書体

2文字以上の文字から作られる形で、文字を草書体に崩した後、簡略化し一つの文字のように纏まり花押として優雅な姿になります。個性や唯一性に優れ、それぞれの文字が自分自身そのものを表す1つの文字に生まれ変わり、平安時代から続く花押の文化を感じることのできる書体。

一字体

・自身の思いや願いを込めた、精神性が高い書体

名前からまたは任意の漢字1文字から作られる形で、漢字1文字を草書体に崩した後、文字全体を再構築し花押として芸術性の高い優雅な姿になります。花押の姿に個性を出す事に特化した草名体とは逆に、一字体は使用者の精神性を重視した書体。

武家様式

・武家社会の厳格な精神と安定感があり実用性の高い書体

武家が使用していた花押の形式で、書体は草名体・一字体から構成され、花押文化の中でも武家社会という中で独自の発展をした形です。武家様式の大きな特徴は「天地型」という花押の最上部「天線」と最下部「地線」の横線が基調となり台形の体裁が特徴で、花押としての安定感があり最も花押らしい姿とも言え、現代使われている花押の多くはこの様式のものが多いといえます。様式の枠の中で納め、一見して同じものに見える中で個性や精神を取り入れ優雅な仮名の曲線で自らを記す趣がこの様式の魅力と言えます。武家社会という独特でありながらも日本の精神に深く生き続ける文化の中で使われ続け、厳格で揺ぎ無い信念の精神が形となった書体。

公家様式

・花押の名に相応しい華麗な姿の書体

天皇や公家といった貴族が主に使用した様式で、全体の線を菱形の構成で”8”の字の体裁に構築した形になります。文字を8の字の枠に納める様式になり、必然的に線の交差が多く下から上の画を取り入れる為に、余白の取り方や形取りなど書き方の習得は上級者向けの難易度ですが花押としての芸術性は最も華麗で花押の名に相応しい姿となります。漢字の持つ意味や特性を熟知していた公家だからこそ文字を最も美しく生き生きとした姿に転生させ発展してきた様式と言えます。武家様式との書風の違いからも言葉遊びと同じように文字遊びのように画の運びや筆使いなど、花押を書くという行為が文字でなく絵を描くように自然と楽しくなります。

足利公家様新体

・足利花押創案の公家様式の新書体

従来の公家様式の形式を定めた足利花押が新たに創案した新書体の花押です。公家様式の花押の持つ華やかさを維持しつつ、武家様式に倣った一定の体裁の形式に納め花押の安定感と、伝統の継承に重点を置いた様式になり謹んだ形でありながら、他にはない特徴的な印象を与える書体。

Please reload